20180202

「とっさのケア、風邪のケア」


2018年1月21日日曜日 なごや社協助成「子育て支援者養成講座」レポート
「とっさのケア、風邪のケア」講師:菊池希(ハーバリスト)
アロマセラピー、イトオテルミー、チベット医学ホルメなど多様な手技を持ちながら産婦人科や船戸クリニックで誕生と死に立ち会う治療家。

                               

私は、娘と息子のお産に立ち会って頂き「自分は本当はどうなりたいか」を引き出してもらいとても幸せなお産ができました。

今回は、小さな子どもの子育て支援者育成を目的に、家庭でできるとっさのケアについて学び説明できるようになりました。
子どもが発する「不快感」に対し病院に行く前にやっておきたい事は何でしょう?
「一番は、物を使うより“手あて”。痛いの痛いのとんでけーってしてあげること」と希さん。

手描きの資料を元に(写真参照)今日の流れを確認。
今回の材料はほぼえこどもの「りす山の保育農園」や幼老農園の「三浦ファーム」で育てたオーガニック素材ばかりです。弱った時だからこそ農薬や添加物のないもので手あてしてあげたいですもの。お肌専用の金時しょうが、なたね油や綿花まで手作りです。敏感な赤ちゃんでもきっと大丈夫。


★よもぎ、大根葉、しょうが葉で足湯
温かい⇔冷たいを繰り返すこと。
「温めてばかりいると、温かくなる方法を身体が忘れてしまうので冷たい刺激も必要です」
最後は水でしめて終わる事で毛穴から熱を逃がさない働きもあります。



★傷の手あて
けがをする前のストーリーを振り返る機会にしましょう。そこにケガをした理由となる身体の固さがあるかもしれません。
傷をいじらずに周りをゆるめる。やさしい感じで周りの緊張をみてあげる。
いっぱい集まって来たリンパ球さん達の動きをよくしてあげるイメージ。
心臓に向かってリンパ液の流れを良くするように優しく指先でなでる。
赤みが引いて行きました。モデルとになった参加者は「すごいホッとする!」と声をあげました。

★帝王切開のケロイド跡の手あて
傷跡の周りを指先でやさしくゆるめる。
どこが固いのか表面かな?中かな?もっと奥かな?と身体に聞きながら緊張をさぐる。
かるーく「おす、ゆする、流す」が基本の動き。
手術は人工的な大けがなので、古傷から全身に響いてくるので日々のケアが必要。
黒ずんでいた傷跡がピンク色に変わり、モデルになった参加者は「こんな柔らかい手触りは初めて!」と驚く。

★鼻づまり、顔のほてり
鎖骨の下から腋へなで下ろす。上腕をなで「冷たいかな?外か内かどこが固いかな?」と身体に聞く。
鎖骨の中はもっとやさしく。親指で軽く引っ張ると服みたいに皮が動くの見る。
鎖骨の中をいじるだけで、胸も首も顔も皮が動く事がわかる。顔をいじらなくても効果がある。
親指で引っ張って、横に戻すことでリンパにアプローチ。
首から鎖骨の中に集めていくように。
耳の付け根を動かす。目、鼻、また耳、鎖骨中へ戻す。
「左鎖骨は左上半身と下半身全部」とつながる重要なところ。「右鎖骨は右上半身だけ」

★チベット医学では風、火、水
跳びはねて落ち着かない子は風、肺。背中の中心に手を当ててあげる。
怒り高ぶる子は火、肝。背中の右側を優しくなでおろす。
ボーと重く動かない子は水、腎。背中の左側をさすり上げてあげる。
イメージしやすく楽しいですね!チベットの病院はどんなんだろう?

★お熱の白菜帽子
ひんやり具合がちょうどいい

★しょうが湿布
しょうがパウダーを煮てタオルを浸し痛みにあてビニル袋をかぶせます。(エステのODT法)


★里芋湿布
いもを皮ごとすりおろし、小麦粉、塩少々でこねる。習字紙で包み冷やしたい炎症にあてる。
遠くの方で冷たさを感じるじんわり感が打ちみや粘膜の腫れにも。

★ホッとストーン
身体あたりのいい石をお鍋でぐつぐつ煮て身体の上に並べます。




★オイルコットン
温めたオイルにコットンを浸して冷えや緊張を温めゆるめます。

★えこども寒茶+えこどもドライみかんドリンク
しょうが、ナツメグ、シナモン、ガーリック、ちんぴで身体ものどもぽかぽか。








今回参加した1歳児のお母さんは「今日は1人で参加しに来ました!しばらく1人で歩いたことがなかったので走ろうと思ってもどうやって走ったらいいか分かりませんでした!ぜえぜえしちゃって全然走れませんでした!」と母の本音をポロリ。
子どもの手あての前に毎日子育てを全力でがんばっているママたちの手あての重要さも実感しました。子育て支援者はそんな母と子がホッとできる手を持っていることが大切ですね。
こんな手あてが体験したい方は是非えこども広場にご予約ください



えこどもみなこ

20171208

11月19日(日)保育付き!特技を活かして続ける。子育て支援者養成講座⑤「こどもぱんつづくり」講師:大安千恵(布小物kireiroメンバー)

温かな日差しの降り注ぐ11月の日曜、
子育て支援者養成講座第5回「こどもぱんつづくり」が行われました。





今回の講師の大安千恵さんは、「布小物kireiro」というお二人で活動されている手作りユニットのメンバーです。マルシェなどでの販売活動をされています。
kireiro では、千恵さんのセンスが存分にちりばめられた布小物たちが作り出されています。
kireiroの活動は、千恵さんが出産されてから始められたということ。
えこどもでも、子どもたちやお母さんに、ものづくりの企画して頂いたり、広場にスタッフとして入っていただいたりと、まさしく「自分らしい生き方を表現しながら子育て支援をする方」です。



参加者のみなさんにも得意な事や、いま、夢中になっている事などを織り交ぜながら、それぞれ自己紹介をして頂きました。
「お部屋をどのように片付けるかということに興味があり、いろいろ調べています。」





「和裁を少し習っていました。子どものものは手作りしたいけどなかなか時間がとれない」
などなど。
それぞれの思いをお話いただき、場が和んだ所で、千恵さんからの問いかけに。



「手」のつく言葉はどんなものを思い浮かべますか?
「手しごと」「手が入る」「手が切れる」「手を回す」「手を結ぶ」「手に入れる」など...






こうやって聞いてみると「手」が使われている言葉は様々ありますね。



続いて、「ねがい」「いのり」
どちらがすきですか?




うーんと、みなさん考えながら意見をだしてくださいました。
実は「ねがい」「いのり」を漢字に充ててみると、
ねがい は、「根我い」根底が我ということ、自分の叶えたい思いであること
に対し、いのり は「意乗り」意が乗ること、つまり「神さまの御意と波長を合わせ、そこに乗り合わせること」が、本当に通じる「祈り」。
相手を想い、言葉や物にお守りの気持ちを乘せることができるという捉え方をして
想い()を物に乘せることができるのは、日本の心の「手」を使うことと話されました。


その流れで、日本の母たちが、邪気を払うといわれる「目」としてのさまざまな模様を 一目一目縫い付けた「背まもり」の紹介をされました。





模様にも色にも意味があること、言葉を使わなくても縫われた模様を見るだけで、
想いは伝わり、身につけることで、子にとってお守りになり、母にとっても縫ったことがお守りとなります。



私は知りませんでした。



千恵さんは話されます。日本には 手を使う言葉やことわざが、探すと1000以上もあること。
職人が手を使った仕事の報酬としてもらった「手当」などのお金の意。「手を結ぶ」「手をかす」などの人間関係の意。「手引」「手習い」などの学ぶ意。「手当て」「手土産」「手紙」など丁寧に心を使う意。日本人はなにかをはじめるとき、「手始め」といいますが。海外ではファーストステップ。日本人は手を使う民俗だったので、きっと手仕事は、みなさんワクワクしてくるでしょう~と。





ぱんつづくりに取りかかります。
千恵さんが既に布を裁断し、折り目にアイロンをかけていて下さっていたので、糸を選んで縫うことに注力できます。
   そこから、紐と本体を好きな組み合わせで選んでもらいます。
どれも可愛いので、皆さん迷われます。でも、これも楽しい時間。


履いてもらう子に選んでもらったり。
そして、一針一針思いを込めて少しづつ。ちくちく。






子どもたちは保育者と手遊びや絵本を楽しんでいました。






お母さんたちの集中した時間、みんな手はちくちく、時々雑談をし、笑いあいながら、とてもリラックスした表情。
最初は緊張していたお母さんも、お子さんの名前の由来をお話頂いたりして、ゆるゆると表情が緩んでいきました。
そこはまるでサロンのようでした。









今回の講座では、一つの輪ができたように感じました。
同じ釜の飯を食べるような、手を動かしながらおしゃべりながらする事はなんだか不思議と似ていました。



アンケートに「支援者」に興味はあるが、今までイメージできなかったのですが、今回、活動のイメージできました。と嬉しい言葉がありました。
お話しながら、手をうごかしながらと、いろいろ交ざりあいながらの動きこそ忙しいお母さんの気持ちを和ませるのかもしれません。
緊張と緩和と同時に。
子どもが泣いても、あやしながら他の子のパンツを変えたり、掃除しながらわらべ歌を歌ったり。同時にいろんな事がおこってもきっと大丈夫!と思えそうです。



千恵さんに講座のことについて後日談を 伺いました。
「私は裁縫も苦手、料理も苦手でしたが、裁縫が手当をいただくほどになって料理も調味料からつくりたくなるほど興味がわいたのは、出会ってきた母仲間のおかげさまで。母仲間に出会えたのは、娘のおかげさまさま。娘のおかげで母になれて、
裸でいろいろなしとげていく子の育ちをみて、なんでもチャレンジする心ももらえています。母たちがそれぞれ得意なことをみんなですることで、苦手意識があった人もできる、楽しいに変わり、時間がなくてできなかったことも、母たちが集まれば、育児し合いながらできること。楽しさを知れば、また誰かに伝えたくなり、子にも伝えたくなり・・と、そんな循環を想い描きながら講座させていただきました!」

自分らしく輝く、千恵さんの支援者としての佇まいを見せていただいた一日でした。


えこども まさみ(写真、レポート)